使用目的もしっかり採り入れて作られるコンプリート

ブルドックZ1-R
(カワサキZ1-R)

パッケージとしての高いバランスを基礎から構築 ブルドックのコンプリートカスタム、GT-M(Genuine Tuning Machine)の近作となる、カワサキZ…

セッティングも進化するコンプリートカスタムKATANA

テクニカルガレージRUN“SHIN HAGANE”
(スズキKATANA)

コンフォートで乗りやすくというテーマをさらに具体化 2019年5月末に発売された現行KATANA。その本質を引き出しつつ、軽量化や作動や操作感を含めた上質化を図…

フルレストアにひと手間加えて確実性を増す販売車

オオノスピードGSX1100S
(スズキGSX1100S)

好コンディションですぐ走り出せる状態を作り込む 空冷カタナというバイクをもっと身近にし、乗って楽しめるようにすることで、しっかり動き続けるカタナを減らさないよう…

OHNO-SPEED GSX1000S いつでも乗れることを念頭に置いて作るコンプリート車

オオノスピードGSX1000S
(スズキGSX1000S)

必要な部分に手が入ったカスタムとしての側面も持つ 「乗り続ける刀乗りたちへ」を掲げ、多くの空冷カタナ用パーツを開発・販売してきたオオノスピード。代表の大野さんは…

コンプリートだから楽しめる“ブラックエディション”

ストライカーワークスZ900RS
(カワサキZ900RS)

パーツ間で統一された黒に効く差し色シルバー マット=つや消しカラーはこのところのバイク界のトレンドのひとつだ。各メーカーから送り出される車両にも純正カラーとして…

カタナ1000RのオーラをニューKATANAに反映した1台

チームカガヤマKATANA
(スズキKATANA)

ストリートユーザーに向けたパーツを軸に構成 チームカガヤマが'18年春/秋、'20年秋のツクバTOT・ハーキュリーズクラスを走らせた“KATANA 1000R”…

TOTデビューウインを遂げたプロジェクト初号機

チームカガヤマKATANA1000R TYPE-1

カタナへの憧れとTOTへの興味が生んだ1台 現役の全日本スーパーバイクライダー、加賀山就臣選手率いるチームカガヤマが、TOT=テイスト・オブ・ツクバ・ハーキュリ…

カタナの可能性を広げるTOTハーキュリーズレーサー

チームカガヤマKATANA1000R TYPE-3

TOTスピリッツに沿ってキャブ&ツインショックでレースに挑む 現役の全日本ロードレース・トップライダーでありながら、'18年からはTaste of Ts…

最新の設計とNC加工で登場したゼファー750用パーツ

ベビーフェイスZEPHYR750
(カワサキZEPHYR750)

機能やデザインの進化で世界を深めるパーツ群 赤×白のいわゆる“研二君仕様”Z2カラーが施されたこのカワサキ・ゼファー750、各部にはベビーフェイスのNCパーツが…

GT-Mの手法できっちり仕立てられた750ゼファー

ブルドックZEPHYR750
(カワサキZEPHYR750)

機種は異なっても見極めと作業手順は同様に行う 「このカワサキ・ゼファー750は元々当店で製作した車両です。それを今風にアップデートしたんですよ。今の排気量は81…