2021 TOTで活躍したスズキ油冷並列4気筒車

2021 春のテイスト・オブ・ツクバ で活躍したスズキ油冷並列4気筒車

TOT SATSUKI-STAGEで見た、スズキ油冷並列4気筒車の秘密

参戦台数も増加中! スズキ油冷並列4気筒車のメリットは?

国内最大規模のサンデーレースとして知られる、テイスト・オブ・ツクバ(TOT)。各クラスの主力という印象は希薄だが、近年のTOTでジワジワと参戦台数が増えているのが、スズキ油冷4気筒マシン群なのだ。
その理由を知ろうと、2021年5月に開かれたSATSUKI-STAGEの会場で、各車のオーナーとチューナーに話を聞いてみると「ノーマルでも十分速い」、「耐久性が抜群」、「パーツが潤沢」、「ZERO-3は参戦台数が少ないから気が楽」などという、ちょっと気になる答えが続々と返って来た。
となると、もしかしたら油冷4気筒車は、TOT参戦を検討中のライダーはもちろん、サンデーレースやサーキット走行を楽しみたい向きが注目すべき、最適マシンなのかも? ぜひ、参考にしてほしい。

 

■ZERO-3 GSX-R750 西尾健児 予選5位/決勝5位

スティングレイR&D/マジカルレーシングのFRP外装の効果で、初代を思わせるルックスになっているけれど、西尾さん(右から3番目)の愛車は1991年型がベース。戦闘力はノーマルで十分という判断からモディファイは要所のみ。FCRφ39mmキャブ、アクラポビッチ・エキパイ+Kファクトリー・サイレンサーの排気系、ナイトロンのリヤショック、サンスター製ディスク、ベビーフェイスのハンドルなどに留める。マシン製作はゲズンハイトの伊藤さん(右から2番目)だ。

2021 TOTで活躍したスズキ油冷並列4気筒車022021 TOTで活躍したスズキ油冷並列4気筒車03

■ZERO-3 GSX-R750 深野将和 予選3位/決勝3位

今回で6度目のTOT参戦となるカドヤの深野社長(右)は、決勝で自己ベストの1分2秒460をマーク。昔から愛用してきた1988年型のチューニングを担当したのはブルドッカータゴスの田子さん(左)で、パワーユニットとスイングアームは1989年型RK用に換装。吸排気系はFCRφ37mm+Kファクトリー製、φ43mmフMMォークはハイパープロ、リヤショックはナイトロン、前後ホイールはラヴォランテをチョイス。次戦に向けて、今後はエンジンのオーバーホールを行う予定という。

2021 TOTで活躍したスズキ油冷並列4気筒車04
2021 TOTで活躍したスズキ油冷並列4気筒車05

■HERCULES GS1200SS 谷 正明 予選15位/決勝7位

ひと昔前はGSX-RでST600エリア選手権に参戦していた谷選手(右)は、2016年からTOTの最高峰クラスに出場。リヤをモノサスに変更したGS1200SSは、1980年代初頭のワークスGS1000Rを思わせる雰囲気。JE製ハイコンプピストンとヨシムラST-1カムを投入したエンジンはGSX-R1100がベースで、吸排気系はFCRφ41 mm+アサヒナレーシング。フロントフォークとスイングアームは近年のGSX-R1000用をモディファイして使用している。前後ホイールはゲイルスピードだ。

2021 TOTで活躍したスズキ油冷並列4気筒車06
2021 TOTで活躍したスズキ油冷並列4気筒車07

■ZERO-3 GSX-R750 菊地原康之 予選6位/決勝─位

III型カタナを所有する菊地原さん(中央)の主戦場はZERO-1。しかし現在のその愛車は大幅刷新の途中なのだそう。前回と今回のTOTではナインゲートの細井さん(左から2番目)から借用した、1988年型GSX-R750でZERO-3に出場した。マシンの主な変更点は、FCRφ37mmキャブ、ヨシムラ製マフラー、GSF1200用ホイール(3.50×17・5.50×17)、サンスター製フロントディスクくらいだが、ライダーの慣れが進めば、まだまだタイムは詰まりそうです……と笑顔で言う。

2021 TOTで活躍したスズキ油冷並列4気筒車08
2021 TOTで活躍したスズキ油冷並列4気筒車09

■F-ZERO GS1200SS 寺田正男 予選12位/決勝10位

スーパーバイクが販売するオールドスタイルコンバージョンキットを用いて雰囲気を一新したGS1200SSは、今回で4度目のTOT参戦となる寺田さんの愛車。エンジンはワイセコφ80.5mmピストンを投入した1208cc仕様で、カムはヨシムラST-2、吸排気系はFCRφ41mm+プロドラッグに変更している。前後ショックはオーリンズ、3.50×17・5.50×17のホイールはJBマグタンで、バックステップはアグラスを使う。フロントのMOSキャリパーはYZF-R1からの流用パーツだ。

2021 TOTで活躍したスズキ油冷並列4気筒車10
2021 TOTで活躍したスズキ油冷並列4気筒車11

■F-ZERO GSF1200S  前田憲明 予選6位/決勝2位

独自のスタンスで油冷の可能性を追求しているガレージdbの前田さん(中央)は、長きに渡ってGSF1200でTOTのほか、JD-STERドラッグレースに参戦中。GSX-R1100用純正ピストンやウェブカムなどを投入したエンジンは、後輪で160psを発揮。キャブはFCRφ41mm、排気系はKファクトリー+プロドラッグ。3.50×17・6.00×17のホイールとスイングアームはアドバンテージで、φ43mmフォークとリヤショックはナイトロン、前後ディスクはサンスターを装着している。

2021 TOTで活躍したスズキ油冷並列4気筒車12
2021 TOTで活躍したスズキ油冷並列4気筒車13

※本企画はHeritage&Legends 2021年7月号に掲載された記事を再編集したものです。
バックナンバーの購入は、https://handlmag.official.ec/ で!